ひげ

青髭をなくすと日常で何が変わるのか教えます。

青髭 なくす

自分が青髭になっていると自覚している男性も、自覚さえできていない男性も、青髭は絶対になくした方がいいです。

女性受けしないのはもちろん、青髭を放置していて良い事なんて何1つないですからね!

青髭をなくして何が変わるかというと、まず第一に毎日の髭剃り業務が無くなります。

これは改めて考えると物凄い事で、男性って10代後半くらいからずっと毎日髭剃りをしてきているわけですけど、生涯髭剃りにかけている時間に換算すると凄い時間です。

さらに青髭の男性は入念に何度も深剃りしますから、一般的な男性よりも髭剃りにかけてきた時間は長いでしょう。

1日5分かけたとしても、1ヶ月換算で2時間半、1年換算で1日と6時間です(笑)

1年に換算したら1日中ずっと髭を剃っている計算になるわけですから、これってちょっと想像したらとてつもない苦行に思えてきますよね…

その無駄な時間が、脱毛クリニックで医療脱毛をした後はなくなるわけです。

そして次に、口周りの青色が消えて肌色になるので、なんとなく若返ります

「髭をなくしただけで若返るわけないじゃん!」と思った男性もいるかもしれませんが、私もそう思っていましたが、実際に髭脱毛をすると確かに若く見えるようになった気がするんです(笑)

青髭の男性は毎日剃っても青くなるジレンマに苦しむ…

青髭解消

何と言っても青髭があるだけで、汚らしく見えるわけです。野暮ったいというか。

分かりますか、言いたい事…?

要するに、周りからは“さわやかイケメン”なんて風には絶対に呼んで貰えないわけです。

どれだけ入念に深剃りしても青いのは変わらないので、これは青髭男性の宿命で、この辛さは青髭で悩んでいる男性なら分かると思います。

髭を生やしたらワイルドになると思っているかもしれませんが、しっかりと髭を伸ばしきるならまだしも、綺麗に剃ってもなお口周りが青くなるのが青髭です。

社会人の男性は毎日人と接するわけですから、平日は毎日髭をそらないわけにはいきません。

でも、毎日剃るから毎日青髭になるわけです。

この矛盾が辛いですよね…

髭が不格好だからちゃんと身だしなみを整えるために剃っているのに、剃ったら剃ったで今度は泥棒のような青髭になるという。

だから何度も言いますが、青髭になっている男性はそれはデメリットでしかないので、本当に今すぐ青髭を脱毛処理した方が良いんです。

青髭をなくすには残念だが医療脱毛しかない

すね毛、胸毛、腕毛などの処理方法は、例えば除毛クリームでの処理など他にも方法があります。

しかし、青髭に関しては残念ながら脱毛クリニックに通うしかないのです!

つまり、髭が濃くて、本数も多くて密集しているから口周りが青く見えてしまっているので、この密集具合を間引いたり、生えてくる毛を薄くするためには医療脱毛でしか効果が得られないのです。

青髭をなくすだけで本当に楽になるので、毎日の髭剃りの時間やら周りからどう思われてるかと、脱毛クリニックに通う手間とお金を天秤にかけてみると良いでしょう。

男性が値段をかけずに青髭をなくすためにおすすめなクリニックはメンズリゼですよ!

青髭を確実になくす対策で費用も抑えられる人気の方法がコレ!